forget-me-not blog



茶の味
「山ッ」

と、会社で同期の女の子が、しょっちゅうポーズを取ってきた。(笑)

この映画も、薄らぼんやりと前から見たいなぁ、と思っていたもので。
「DVD持ってるよ」
と言う同期の彼女に借りたのでした。

阿弥陀堂を見たあとに、あ、これも見よう。と思って。
でも、「静か」なこと以外テイストが違いすぎる(笑)

一般的に普通な映画しか見ない母は「何これ?何なん?」を連発し、
結局、理解出来ず最後まで見ずに寝ました。

時々、台所を通りすがる弟は、何故か毎回、男の子が青春なシーンしか見ず、「田舎の青春ドラマ?」と言うてくる。

実際のところは。
意味なし、よね!(笑)

一つの家族がそれぞれでバラバラで、面白いのでした。
そうこ。: 映画のこと。 | comments(148) | trackbacks(61) |
阿弥陀堂だより
http://www.amidado.com/

BS朝日?
か何かが、最近、映画良いのをやっていると発見。(遅

「阿弥陀堂だより」
かねてより、ツタヤで見てて借りようかなぁ、どうしようかなぁ、と思って後回しにしてたものの一つで。

幸い、台所で一緒にいた両親も反対しなかったので(これがガチャガチャしたものだったら「うるさい、チャンネル変えろ」とか言われる)、見ていた。

これどこだろう、と思う日本の、昔の綺麗な風景が現れる映像で。
サイト見てみたら、長野だね。奥信州らしい。
うん、あっちの方だろうなぁ、と思ったけど、まさに。

ハリウッドのバーン・ドーン(語彙力が貧困・・・)とは、本当に対極にある、日本の良い作品だと思います。
ドキドキワクワクじゃなくて、安心して見れて、ジーンとするの。

おばあさんの言葉が心に残ったので、うろ覚えだけど書いておきたい。

「今まで現実で切ないものばかり見てきたから、
買って読むような本では、楽しいものが良い」

真意だなぁ。と思ったのです。

あと、この声は・・・と思っていたら、やはり、おばあちゃんの声、トトロのカンタのおばあちゃんでした。

なんか、まだあと一二箇所、「あァ」と思ったんだけど忘れちゃった。
また見たいな。

*後日追加。

そんな阿弥陀堂のお近くにお住まいの一徹さんのブログ。
石田屋一徹さん
すごい素敵!
そうこ。: 映画のこと。 | comments(2) | trackbacks(0) |
マイハート・マイラブ
1998年アメリカ。


「あー・・アメリカかよ。」
と、BS2のトップを見たとき思った。
すいません、アメリカ映画イコールドーンバーン、だと思ってました。
でも、違うよね。うん。だって、ショーン・コネリー出てるんだもん。(?

ショーン・コネリーが出てるのは知ってた。
前から見たかったけど、何故かうっかり通り過ごしていて。
内容も何も知らなくて、普通にショーン・コネリーが主役な
かっこイイヤツだと思い込んでたんですが。

それだけじゃなかったー。

いや、ショーン・コネリーはカッコよかったよ?もちろん。
でも、どちらかと言うと、女の人メインで、
色んな人が出てきて、それぞれの繊細な日常が描かれてました。
「そう!そうやねん!あっかんよなぁ、男は」とか。そんな感じ。

驚くほどの繊細さでした。すごい。

ただ、ショーン・コネリーと言うことで、父と一緒に見ていたのは間違いだったように思います。一人でじっくり見たかった・・・。そんな映画。

それにしても、この頃のショーン・コネリー作品は、皮肉なまでに死に向かう役どころが多い。やめてほしいなぁ、と思う。
そうこ。: 映画のこと。 | comments(0) | trackbacks(0) |
下妻物語
http://www.shimotsuma-movie.jp/

おおお。
まさか、我が地元が登場するとはおもわなんだ。(笑)
「ここの人たちは、安ければ何でも良い」町に住む私です。
モゴモゴしちゃうね。あたらずとも遠からず。

ロリータファッションは、自分は出来ないけど、見るのは好きだよ。
かわいい子がやってるのは万歳だよ。

これもたまたまテレビで見た。
ずっと、見なければ!と思いつつ見れてなかった。

もう、色々めちゃくちゃだけど、楽しいからアリ!かわいいからアリ!
な感じでした。
キャラの確立さが凄い!
そうこ。: 映画のこと。 | comments(0) | trackbacks(0) |
007
12月からのカジノロワイヤル公開あわせもの。

007アルティメットコレクション。

007の。DVD20作品全て収納したアタッシュケースを買いました。買ってしまいました、ついにこの手のものを。

フフフ。

アタッシュケース特典で、
ボンドガールの歴史のDVDもついてます。まだ見てませんが。

アタッシュケースはダイアルロックつきです。
でもさー、「007」ってしたくなりますよね、ロックナンバー(笑)
ロックの意味ないよ。(笑)
まだ、設定してませんが。

語りだしたら止まらない007好きなんですが。
とにもかくにも、ショーン・コネリー大好きなことは、ここに書き残しておきたいです。愛人にしてくれたら良いのに!(現在進行形)ってくらい。

久々に「ドクター・ノオ」見ましたが、もう、ショーン・コネリーの手元が写るだけでも、身悶えしてしまいます。がっごいいぃぃぃ
「二度死ぬ」なんか、007が(ッていうかショーン・コネリーが)私の名前を呼んでくれるのですよ!お父さん私の名前アキにしてくれてありがとう!!の瞬間です。

スパイグッツ欲しいなぁ。
とか、ボンドカーに乗りたいなぁ、とか、純粋な意味でも007は好きです。最新のボンドカー、透けるじゃないですかぁ、あれ良いよね!
マジで、アストンマーチンに乗りたい。(無謀
そうこ。: 映画のこと。 | comments(0) | trackbacks(0) |
8人の女たち
http://www.gaga.ne.jp/8femmes/

BSでやっててたまたま見た映画。
両親と一緒に見ていて。
両親的には、なんか懐かしい女優さんが出ているらしい。

公開当時も気になってたけど、見に行くまでは行かず。
でも、今日見れてラッキーでした。
面白い!
フランス映画、10年前は意味不明だと思ってたけど、5年ほど前から好きだ。
あのブ千切れたテンションが素敵。
「えェ!!???」って何度も驚きながら見ました。
でも最後のオチがなぁ。「ん?」って思ったかも。
そうこ。: 映画のこと。 | comments(0) | trackbacks(0) |
魔女の宅急便。
何となく見返したくなって、ビデオを夜中に引っ張り出す。

泣いちゃったよぉ。

魔女宅って泣くものだったのか!と、自分でビックリ。

最近涙もろいです。正確に言うと、たぶんハタチ過ぎてから。そして最近特にと言いましょうか。

感受性が研ぎ澄まされてきたと思いたい(笑)けど、「ひょっとして年取って涙もろくなってきたんじゃ・・・」と言う感が否めない。

どこで泣いたかな。なんか今思い出せないんだけど。
何か2回くらい泣いた。

持ってるのがビデオなのですが。
最後にインタビュアー糸井さんで、宮崎さんのインタビューが入ってます。
「俺の映画何回もビデオで見返すな」的な宮崎さんの言葉がいつ見ても印象的。
せいぜい年に一回にしろと言う。お言葉通りにしてるつもり(笑)でも、「紅の豚」だけは例外なんです。私のお薬のような作品なので。

って、この記事も良いけど!他に書かなきゃなこといっぱいあるのに!!溜まってるんですよ?何なら去年の夏くらいから、このブログに書くようなネタが。書きもらしいっぱいなんです・・・忘れる前に〜〜。
そうこ。: 映画のこと。 | comments(1) | trackbacks(5) |
探偵事務所5
なんて言うか。私、ただの成宮寛貴ファンです。
お恥ずかしい。

ナリが・・・舞台挨拶に来るって言うから・・・速攻見に行った。
でも、来なかったの!!!ドラマの撮影が急遽入ったからって!!
そんなことを話す映画館の関係者さんを見て、口ポカーン。
「なんで!!!」
って気持ちもあるけど、こういう時、イベント主催者側の気持ちがめっちゃ分かるのは、やっぱり学祭実行委員やってたせい。責めれない。でも、責めたい。あァァ・・・。
お詫びに、とマスコミ用のプレスを貰う。でも、ほぼ買ったパンフと一緒で素直に喜べない。
ナリのお詫びビデオレターも、1分くらいじゃねぇの?と言う短さ。
の、呪いだ・・・・今日来れなかったNANA(友達)の呪いだ・・・・と、一緒に行った後輩おけいはんと二人でうなされる。

でも、監督さんは来てくれた。ってか、めっちゃいい人だった。
全然予備知識もなしに行ってしまって。
この人、私立探偵濱マイクの監督さんなのね!
濱マイクは、放送当時見たかったのに見れなかった。ので同じ人かとなんか嬉しい。

映画の内容は。
探偵ゴッコしたいわ!!
と思わせるものだった(笑)
ワクワクするよねー、やっぱりー。
ナンバーで仲間を呼び合う、って言えばやっぱり私にとって007なんだけど。ようは、それを思い起こせて楽しかったり。

セットが凝ってて良かった。

ナリがめちゃめちゃ可愛くて良かった。

なんか、監督さんが言ってたけど、ずっとこの探偵シリーズで作品撮ってて。今、ネット公開もしてるらしい。まだ見てないけど、そっちも気になるところだなぁ、とチェック予定。

http://www.tantei5.com/index2.html
そうこ。: 映画のこと。 | comments(0) | trackbacks(0) |
ハウルの動く城
もちろん、DVD予約。購入。

発売11月16日。

以降、毎日のように(購入当初は1日2回)観てます。
ジブリ至上主義。
なんだろう。邪に見たことない。
批判とか全然ない。
宮崎さんが内に何を秘めてるかなんか知らない。
すごくすごく純粋に見ています。

ハウルはねぇ。何気に自分の中でのランキング上位かも。
1位は『紅の豚』です。ポルコ大好き。
2位は『耳をすませば』
3位が今はこれかしら。
ひょっとしたら、私ももう大人になってしまったので、耳をすませばより上かも。

なんだろう。
たぶん、代表作って言ったらナウシカとかラピュタだろうけど。
それはもう、殿堂入りって言うか。
好きとか言う範疇じゃない気がしている。

ハウルはもちろん、公開当初に観に行ってる。
キムタク〜?って思ってたけど、実際は全然感じなくて、
スゲェ!って思った。
今回観まくってて、やっぱり最初ハウルが出てくるシーンは「キムタク」って思うけど、すぐにそれを感じなくさせるのは、本当にねぇ、凄いね。三輪明宏も三輪明宏じゃないもんね。
声で言うと、あのカブがね。我らが「水曜どうでしょう」の大泉さんで。
最後のそこだけかよっとか思いつつ、あの役柄が大泉さんって言うそのギャップが楽しい。

暇さえあれば観ている。癒しですね。
紅の豚に引き続き、きっと台詞覚えちゃうね。
そうこ。: 映画のこと。 | comments(2) | trackbacks(0) |
NANA
矢沢あいさんは、小学校の時から好き。
天ないとか、私の中で殿堂入りです。
NANA大流行りですね。
実写映画になるほどに。うれしいやら、複雑。

成宮くんも大好き。たぶん『ラヴァーズ・キス』以来。

前回の実写映画『下弦の月』ももちろん観に行った。
完璧に別物として見れる自分がいる。
今回だって、そうだ。
ヤスが劇似!とか707号室が本気再現されてる!!とか聞いてたけど。
何か、そういう感動はあまりなかった。
けど、この作品に対する映画制作側の「愛」をめちゃめちゃ感じた。
多くの人が愛するこの原作に、下手なことは出来ない。流行もので済ませない。
そんな意志が沸々と。っていうか、ほんとスゴイ感じ取られてファンとしては嬉しいかぎりでした。

まぁ、キャスティングとかね、言い出したらキリがないし。
原作のテンションは再現出来なかったみたい(笑)
でも綺麗に映画らしく、まとまってたし。
文句は出ないなぁ。

あ。ひとつだけ。幸子の名シーンが短すぎっ(笑)

映画公開中だというのに、続編が決定と言う異例さ。
それだけ反響がデカく、ビジネスが成立してるのね、と大人な世界を感じてしまう。まぁ、行くけどね。まんまと乗せられているさ。


女友達と行ったのですが。
一列前に男5人が座った。「うわー」と思ったら知り合いだった・・・。
そうこ。: 映画のこと。 | comments(0) | trackbacks(0) |
チャーリーとチョコレート工場
ウィリウォンカーウィリウォンカーラララララララー

大満足。

ジョニー大好きなグリンと、「行こう」なんて言う前から当然のように二人で行くつもりだった。

原作読んでません。前から気になる児童書の一つではあったけど、結局読めず。

前評判色々だったけど、グリンに引きずられて私も結構ジョニー至上主義なので。まぁ一番はショーン・コネリーですけど(笑)ジョニーが出る=面白いんだ、と何の疑いもない。

結果。
大満足。
なわけですよ。

夢を見せるだけじゃない。そこが素敵。

ジョニーがカッコイイ、と言えば『ショコラ』がオススメ。
でも、ジョニーは色んな味があるから。そこが魅力ですよねー。

ウンパ・ルンパの踊りは是非マスターしたいし、身振り手振りも覚えたいと思う。みんなで流行らせよう!(笑)
そうこ。: 映画のこと。 | comments(0) | trackbacks(0) |
姑穫鳥の夏
書くの忘れてた(汗


今月1日。つまり映画の日に観に行ってきた。
混むとイヤなので、と朝イチで。
しかもグリンが先に座席券も取ってくれて、良い席で見てきた。
やはり、朝イチは思っていたより空いていた。

『姑獲鳥〜』は、高1の時かな?
当時熱狂的に有栖川有栖ファン(今でもだけど・笑)だった私に、
「有栖川がなんだよ、京極を読めよ」と京極ファンの友人が貸してくれたので読んだ。
けど、有栖川さん一色だった私は、
「何だよ、これは。ミステリじゃないやん。なんて言うか、探偵小説やん。ミステリやと思って読んだのに、ブー」
って思いました。
いや、当時、有栖川か京極かと言う(一部腐ったファンの)対立があり、
そうだとしたら、ジャンル的に完璧かぶっているのだろうと、そういう先入観があって読んだから駄目だったんです。
でも、冷静に考えてみると、とても面白かった。気がする。
ある意味カルチャーショック。
実は今でも、他作品読みたいなぁ、と思いつつあの分厚さに負ける(笑)

と、こんな状況で。
今まで映画やらドラマやらで3次元化されてきた京極作品は、
読んでないし、わからんし、と思って観ていませんでした。
でも今回は、姑獲鳥だし。堤さんに阿部寛か!と観たかったのです。
そうしたら、グリンが行くと言うので、便乗いたしました。
ストーリーは半分忘れてました。(笑)

観てきて、「やっぱ京極面白いなぁ。」と言うのが感想です。
そして私は京極堂派。中禅寺さんって素敵vvって感じです(笑)
まいは、原作は榎木津さん派だと言ってたけど、私はどうだろう。
たぶん、そっちも京極堂だ。と思う。
関君は、原作でもイヤだったけど、ますますイヤになったよ・・・。

映画化するのは難しい、と言われてきた作品らしいけど。
そうか?と私は思う。
でも、小説読んでなかったグリンも、
小説読んでから見たほうが良いかも、とか言ってるし。
すんなり観れる映画ではなかったのかなぁ、と考えてみたり。
私にとっては、小説を思い出す作業をしてくれた映画でした。

これは家でテレビ画面で見るより、映画館の大スクリーンで見た方が楽しい映画だと思う。
そうこ。: 映画のこと。 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロートレック〜葡萄酒色の人生〜
一週間くらい前に見たのに、ここに書くの忘れてました(汗

ロートレック。
今年の初めに天保山にあるサントリーミュージアムの展覧会行ってきました。

知ったつもりでいたけれど、この映画を見て、「へぇ〜!そうやったん!」と、驚きの事実がいっぱいって感じ。
あれちゃんと史実に合ってるのかな?かなり信じたんだけど(笑)

作中のロートレックの愛人(恋人?)のシュザンヌがめちゃめちゃ綺麗で、惚れた(笑)

シュザンヌシュザンヌと言っていると、どうしても静物画のセザンヌが出てきて、いやいや、違うぞ、と思いながらも、思い浮かべてしまった。

最後の終わり方が重い感じで、まぁ、生涯物だから仕方がないんだけど。
ロートレックの華やかさだけ見ていたかったなぁ、って感じだった。
そうこ。: 映画のこと。 | comments(0) | trackbacks(2) |
スパニッシュ・アパートメント
感想の前に一言。

映画の感想ほど、人の意見が当てにならないことはない。
誰がどう勧め、誰がどうけなしても、結局は自分の感性しか当てにならない。
人の意見をアテにしたければ、より近い感性を持った人を見つけるしかない。
が、それは容易なことでないかもしれない。
・・・一言じゃないやん。


公式サイト

いやぁ、これは!
面白かったですわ!!
意味不明、アホ、でも楽しい!!って感じ。(?)
この手のヨーロッパの映画は、意味不明、アホ、で止まることが多い。
そこから楽しい作品に発展出来たのは、この映画の凄いところだと思う。

イラーーッってするけど、それがまた面白みに繋がると言う素晴らしさ。

アメリの主人公が、また全く違った雰囲気を見せて、登場します。
最初、全然気づかなかったくらい。

スペイン良いなぁ、と思えてしまう。
ダラダラとか、混沌とか、好きだよ、そーゆーの。(笑)

フェデリコ・ダナっていう俳優さんが、とても気になった。
何なのあの人。独特な雰囲気。素敵。

いやぁ、映画って良いなぁ。
と思わせる1作でした。
そうこ。: 映画のこと。 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2024 >>